01

 

アメリカのミシガン州で活動をするアン・モンドロは、自分自身の臓器を、ワイヤーをかぎ針編みにして表現する。

鋼板や銅線を使いながら、数100時間をかけて作品を生み出すそうだ。心臓、肺、手足が表現されたその作品は、一見無機質のように見える。しかしそれらは、見るものに対し、美しい曲線を描いて人体の深い魅力を語りかけているかのようだ。

光の当たり方によって色が違うワイヤーが何本にも重なり、臓器の複雑さを表している。

透明なケースに入れられた作品たちは、色を塗られることもなく、「ここにある実体」として宣言されているのかもしれない。

モンドロは、自らの作品についてこう解説する。

“The forms allude to ethereal silhouettes associated with shadows, ghosts or decay.
(これらのフォームは、影や幽霊、墜落によるエーテルのシルエットをほのめかしている。)”

2016年末には、ニューヨークの「Ceres Gallery」にて彼女の展覧会が開催されるそうだ。

 

03

 

02

 

06

関連リンク

Anne Mondro